あきばっぱら

Unity Web Player | Akibappara

Japanese Otaku Cityユニティちゃんが使ってみたかったので。

 

●やったこと
3Dやるなら重力効果は絶対欲しくて、最初にいきなりuseGravityオンにしたりしなかったり重力周り触ったので、
Japanese Otaku Cityの道路貫通したりビル貫通したり、
よく分からなくてPlaneの上に乗っけてみたりTerrainで地面作る方法調べてそこに置いてみたりしてた。
ユニティちゃんのデータのPrefabに入ってるUnityChan Dinamic Locomotionのモデルを横において、
動作を比べてみたりもしてた。

いろいろggって画面貫通しないためにはcolliderの設定が必要なことは分かったのでやってみたら、
ちゃんと立ってくれる・・・かと思いきや、時間が経つとコテンと倒れてしまったり。
ggり直したり隣のユニティちゃんと見比べたりした結果、
ユニティちゃんに設定したRigidbodyのConstraintsでFreeze Rotationを全チェックすればいいことに気がついて、
ちゃんと地面に立ってちゃんと動いてくれるように。

あとはUnityChanControlScriptWithRgidBodyの写経したりもして、
この人ジャンプ中だけcolliderのサイズ小さくしてる!?ってびっくりしたり。

カメラ位置はHierarchyでユニティちゃんにぶら下げたらユニティちゃんの移動に勝手についてきてくれて超便利。

世界の壁をPlaneで作ったら、Planeは裏から見ると存在が知見出来なくてこれは失敗したなーと。
あとでCubeに差し替えました。

 

●この頃参考にしたもの
【初心者講座風】第2回:読み込んだMMDモデルを歩かせる【Unity】 – ニコニコ動画:GINZA
【初心者講座風】第3回:モデルから弾丸を発射する【Unity】 – ニコニコ動画:GINZA
▶ [少しだけUnity] 1 キャラクターを動かそう ジャンプもしよう – YouTube

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です